×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



メールアドレスです


人気Blogランキング
人気ブログランキング参加中(運営サイトはここ)
このサイトが気に入ったらクリックしてね


映画の小部屋 以前見た映画インデックス

私が以前観た映画のうち、タイトルがさ行で始まる作品を集めました。ほかの映画レビューを観られる場合は、「映画の小部屋」メインページに戻って、他のインデックスを選んでください。

わ を ん
2006年寒露の頃ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT




2006年寒露の頃 ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
評点 前2作とは全くの別物
車の疾走シーンは迫力有り
カメオ出演の日本人俳優がいい味出してます
フォロー この作品は邦題に「ワイルドスピード」と付いていますが、前2作とは全くの別物です。前2作はストリートレースのバックで行われている麻薬密売を暴くために麻薬Gメンがレーサーとして潜入捜査をするというものでした。しかし今回は、レースによる無謀運転を繰り返して地元(米国)に居られなくなった高校生が、父親を頼って日本に来たものの、またレースを始めてしまったというものです。

ストーリーに関しては突っ込み所満載なのであえて無視をするのがベストでしょう。それよりも、この映画はこれでもかと言うくらい出てくるカーアクションを堪能するべきです。レース用にチューンアップされた車が、立体駐車場を、渋谷ハチ公前の交差点をドリフトしていく所は何とも快感です。もっとも、カーチェイスのシーンは役者の表情なんか入れたりしないで車のバトルシーンを長回しで見せてもらいたかったです(私もあの携帯電話を覗きたかった)。

この作品、日本の有名人が沢山カメオ出演していました。特にサニー(千葉真一)は、ヤクザの親分として凄みのある演技をしていました。
あと、本当のドリフト・キングがまたいい味をだしていましたね。

ストーリーについて考えるとハテナマークが3つくらい付いてしまうTOKYO DRIFTですが、見せ物として考えると案外楽しく見ることが出来ました。もし、DVD版が発売されるならば、ドリフトにこだわった編集をし直したものが観てみたいものです。

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT(公式HP)

備考 出演 ルーカス・ブラック/バウ・ワウ/千葉真一
    サン・カン/ナタリー・ケリー
監督 ジャスティン・リン
2006年9月公開 米国制作
このページの先頭に戻る 映画の小部屋に戻る Ki-Tsu-Neの祠に戻る