×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



メールアドレスです


人気Blogランキング
人気ブログランキング参加中(運営サイトはここ)
このサイトが気に入ったらクリックしてね


映画の小部屋 以前見た映画インデックス

私が以前観た映画のうち、タイトルがさ行で始まる作品を集めました。ほかの映画レビューを観られる場合は、「映画の小部屋」メインページに戻って、他のインデックスを選んでください。

や 〜 よ
2006年立秋の頃ゆれる
2006年夏至の頃蘇える金狼




2006年立秋の頃 ゆれる
評点 ○(見てもらうのが一番)
フォロー 「ゆれる」、見てきました。今回は倒れずに。

先にお断りしておきますが、今回の私のレビューは、各種メディアからのこの映画に関するレビューとあまり変わらない物となるでしょう。
この作品に関しては、まず「観る(観てもらう)」事が大事だと私は思うからです。

レビューの本文自体はこんな感じになるでしょう。
東京で自由奔放に暮らすフリーカメラマンの弟が、母親の法事に出るために里帰りをします。そこには父親や親族、そして世間に対して細かく気を配る兄の姿が有りました。法事が一段落した所で、彼らは幼なじみの女性と一緒に渓谷へ遊びに行きます。
しかし、幼なじみはその渓谷にある吊り橋から落ちて死んでしまいます。
彼女を橋から落としたと思いこみ、気が動転している兄をかばう為、弟は彼女が橋から落ちたのは事故だと警察に届け出ます。実際あっさりとそう処理されていきました。
ところが、ふとしたきっかけで、兄は警察に、彼女は自分が「殺した」と話し出すのです。
兄の裁判が進んでいく中で、彼ら兄弟達の気持ちが大きくゆらいで行きます・・・。
小さい頃は同じように愛されて育った兄弟達が、大きくなった時のお互いの立場の違いで、生き方や考え方に大きな溝が、事故(事件?)をきっかけに露わになっていく所が興味深い作品でした。

登場した役者で、弟役の「オダギリジョー」は、汚れ果てていてもなお美しいという評判通りの演技をしていました。しかしそれ以上に兄役の「香川照之」の「温厚できめ細やかなのだが、その奥には欝屈した感情が押し込められた」人物に迫力が有りました。複雑で不安定な人間を演じきった彼に、私は釘付けになっていました。

あと、検事役を演じた「木村祐一」。テレビで「キム兄」とも呼ばれるコメディアンです(Ki-Tsu-Neはテレビをほとんど見ないので、この人を全く知りませんでした)が、あまり重要な役では無かったにも関わらず、その顔がアップで映し出されるだけでも大きな存在感が有りました。今後彼が他の映画にも出演するかは解りませんが、今後の活動には注目です。

ゆれる(公式HP)

備考 出演 オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/蟹江敬三
    真木よう子/木村祐一
監督 西川美和
2006年7月公開 


2006年夏至の頃 蘇える金狼
評点 松田優作の魅力が一杯
アクションは普通
ストーリーは消化不良
フォロー 松田優作といえば、'70〜'80年代にかけて活躍したアクション俳優です。彼は'89に映画「ブラック・レイン」に出演しましたが、その公開中に急死してしまいました。
彼の遺作となった「ブラック・レイン」では、自分が裏の世界で頭角を表すために自分の居た組織を裏切るヤクザを演じていましが、その鬼気迫る演技は映画の公開から15年以上経った今でも印象深いものが有ります。

さて、「蘇える金狼」についてです。
この映画で彼は「主人公・朝倉哲也」で、野心いっぱいのギラギラしたワイルドな役をこなしていました。 さらに、同時期に放映されたTVドラマ「探偵物語」の「工藤ちゃん」を彷彿させる茶目っ気も見え隠れし、まさに「俳優・松田優作」の魅力をスクリーンいっぱいにふりまいていました。

しかし、この話は多分「ハードボイルドアクション物」のはずなのですが、アクションはあまり迫力が有りません。アクションシーンはほとんど吹き替え無しでこなしたと言われる松田優作ですが、この作品に限ってはあまり期待しない方が良いでしょう。ただし、カーアクションは結構がんばっています。この頃の日本映画は'50〜'60年代の世界的な評価も陰を潜め、国内に向けては(宣伝の巧さのたわものだと思われますが)角川映画くらいが気を吐いていた時代でした。そういう事を考えるとあれだけのカーアクションが撮影されたのも奇跡的です。

あと、この映画は大藪春彦の同名小説を元にした「原作のある作品」なのですが、正直主人公が何考えているのか解りませんでした。野心を抱いていた「朝倉」は、一体何が欲しかったのか?金?一流会社のポスト?社会的な地位?女?。冒頭の現金輸送車を襲うシーンより、「朝倉」はどこへ向かって行くのだろうという疑問は、話が進むにつれ彼の迷走に付き合わされた格好になり、ストーリーは消化不良な感じになってしまいました。原作を読んでいればこんな思いをしないで済んだのかもしれませんが。

まあ、話自体はぐだぐだとして、Ki-Tsu-Neとしては今一な部分が残ってしまいましたが、「松田優作ってどんな人なんだろう」と思った時にお勧めできる作品です。

蘇える金狼(7/16までGyaO TVにて公開中)

Amazon.co.jpより

蘇える金狼
村川透 松田優作
Color/Original recording remastered/Widescreen/Dolby



価格: ¥3,859(税込)
1500円以上国内配送料無料でお届けします!
詳しくはこちら代金引換もご利用できます。

発送可能時期:通常24時間以内に発送


備考 出演 松田優作/風吹ジュン/成田三樹夫/千葉真一
監督 村川透
製作 角川春樹
1979年8月公開
このページの先頭に戻る 映画の小部屋に戻る Ki-Tsu-Neの祠に戻る